« 2006年9月 | トップページ | 2006年11月 »

2006年10月29日 (日)

立会い出産の記録

私こと、先週末10月22日(日)午後7時10分に長男が誕生した。タイミングよく、立ち会い出産できたので、その記録を記す。

出産前日の21日(土)は東京に用があって、小松空港20時40分着のANA最終便で戻ってきたばかりであった。眠る前、妻は前駆陣痛らしき軽い痛みを訴えていたのだったが、熟睡中の午前2時半頃、出血などの異常を訴える妻の緊張した声で起こされる。病院に連絡をとって、自家用車で病院の救急外来から産婦人科へ。胎児心音と子宮収縮モニターを装着したが、胎児の心音に異常はなく、一安心。午前4時に消灯となり、このまま出産になるのかどうかわからないので、私はいったん帰宅して睡眠。妻は陣痛室で夜を明かす。このとき、子宮口の開き4cm

22日(日)「午前6時23分 4分間隔で痛み、午前10時32分 6分間隔で痛み」とメールで連絡。どうなるんだろうと悠長に構えていたら、午前10時52分、「生まれそうやて」と本人より電話連絡。あわてて病院へ向かう。午前11時22分病院着。

午前10時頃、診察を受けたら、子宮口が9cm開き、破水していて、このまま出産になるとのことだった(※実はこのとき破水してなかったことが後でわかった)。ブドウ糖の点滴も開始(25g/500mL, 100kcal/500mL)

午後1時半ころまで5分間隔で陣痛。診てもらうと、胎児が少し斜め気味に下りてきている、まっすぐになってないようなことを言われ、4つんばいになって位置を直すことに。ベッドの上で4つんばいになり、尻を高くして、頭を下にした姿勢をとり続ける(約1時間)。この頃から本格的に痛み出し、腰を一生懸命さすってやることになった。「たまごクラブ」なる雑誌には、陣痛のとき、肛門周辺が痛むので、痛みを和らげるためにテニスボールで押さえるとよいと書いてあったのだが、陣痛室には、そのための硬式テニスボールとゴルフボールが置いてあった。ボールよりも指の方が具合が良いようである。

午後4時には陣痛の間隔が約2分に。午後5時頃に分娩室に一緒に入った。入室時にはディスポーザブルの上衣を着用し、手をエタノールで消毒。

10月22日は朝から出産が多かったらしく、妻で4人目だったらしい。関係あるかわからないが10月22日は新月である。

分娩室に入ったものの、まだまだ時間がかかりそうなので、陣痛室と同じ体位で横になる。助産師さんが一人付いてくださった。陣痛センサー(筋肉の収縮の大きさをモニターする装置)を装着しているが、数値の大きさとその時間間隔を見る限り、まだとのことだった。陣痛の間隔が短くならないと出産にならないのである。陣痛時、痛みの緩和のために肛門周辺を押さえていると、いきみとともに出そうになる胎児の膨らみが感知できた。

午後6時頃、ご主人はいったん分娩室を出てくださいといわれる。出産に向けた本格的な処置をされたようだ。まだ破水していなかったことがわかったので、このとき人工的に破膜された。破膜の後、陣痛センサーは100以上の目盛りを振り切る値を示しだした。

再び、分娩室に入ると、妻は鼻に酸素チューブを入れられ、出産できる体位になっていた。陣痛が来るたびにいきんでくださいといわれ、いきむたびにだんだんと胎児が下におりてくる。いきむ方向も指示されていた。いきむのは1回の陣痛で2回。いきむと酸素不足になるため、胎児の心拍数が二桁まで下がるのだが、2回続けていきんだ後、深呼吸すると胎児の心拍がみるみる120~180の範囲に回復する。「深呼吸すると胎児の心拍が回復するんよ」と伝えると、妻は意識して深呼吸するようになった。鼻にチューブ入れてるから、口じゃなくて鼻で呼吸しないとあまり意味がないのだが、鼻がつまって大変だったようだ。妻は腰が痛いと訴えるので、腰の下の腰椎~仙骨のあたりに手のひらを入れて支える。出産までこの体勢をとったので、左の手のひらはかなりしびれた。

そろそろ先生を呼ぼうかと助産師さんが言い、ドクター、看護師、助産師の3人態勢に。医師は陣痛モニターを見ながら、冷静であった。我々にとっては非日常の出来事でも、医師にとっては日常的な出来事の一つなのだろう。

18時過ぎの陣痛でいきんだところ、胎児の頭がはさまった状態でとまった。次の陣痛で出そうねということになり、次の陣痛でいきむと頭の先が出て、もう一回いきむと頭が半分以上出た。このときだけ特別に3回続けていきみ、頭が全部出た

頭が出た後は、いきんで出すというより、助産師さんとドクターが引っ張り出すという印象だった。今度は「いきまないで」といわれ、「フッ、フッ、ハー、フッ、フッ、ハー、・・・」と言いながら、赤ちゃんの体が全部取り出された。赤ちゃんは体が全部出てきたのと同時にオギャーと声をあげ、同時にドクターが細いチューブを赤ちゃんの口と鼻に当てて詰まっているものを吸引除去した。赤ちゃんの泣き声は思ったよりも小さい声で、しかもずっと泣いているわけではなくて、すぐに泣きやんだ。そういうものだなと思った。

赤ちゃんはそのまま母親の胸の上に載せられ、しばらくじっと寝ていた。

産後の処置があるので、ご主人は外で待ってくださいといわれ、分娩室を出た。

37週と1日目、3264グラム、身長51cm、頭囲35cm、胸囲30cm。この週数としては上限に当たるビッグサイズらしい。あと2日早ければ、記録上は早産となってしまうという話であった(早産といっても3000グラム以上あったわけだが)。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年10月 1日 (日)

事故に好かれてしまう人たち

事故と心理 なぜ事故に好かれてしまうのか』(吉田信彌著、中公新書)を精読した。いい本だった。普通の新書と違い、前半より後半になるほど興味深くなっていった(個人差はあるだろうが)。

考えさせられたのが「第4章 事故の当事者になりやすい人たち」。交通事故総合分析センターから発表される『交通統計』から、人口10万人当たりの歩行中死者率歩行中負傷者率の世代別の推移(1980~2003年)がまとめてある(129頁)。7~12歳など他の世代は死者率、負傷者率とも変化していないのに、6歳以下の世代だけ死者率、負傷者率とも激減しているのである。死者率は約4人から1人以下に、負傷者率は約250人から約100人にと、ある年に突然減ったのではなく、20年間かけてコンスタントに減っていた。

他の世代が変化ないのに、6歳以下の世代だけ歩行中に事故にあう率が激減した理由について、6歳以下の子どもを保護する母親の運転免許保有率が増加したことが挙げられていた。運転免許を保有する母親は、車の危険を正しく理解しているので、歩いているときでも子どもを適切に保護できるということである。(子どもが外で遊ばなくなったからではという側面も考えられなくはないと思うが、それなら7~12歳の世代でも変化が現れるはずだと著者は却下している)

母親が運転免許を保有していると、歩行時でも子どもを適切に保護できて、それが事故率を低下させているという考え方は、おそらく正しいのだろう。

このことをもう一歩、踏み込んで考えると、重要で当たり前な考え方に行きつく。

6歳以下の子どもが歩行中に交通事故にあったなら、過失はほとんどの場合、クルマ側にある。クルマが悪いのである。少なくとも日本の法律ではそうだ。

つまり、クルマ側が悪いという状況下においても、歩行者側が注意を払うことによって、事故が防げるということである

青信号でも左右の安全を確認してから渡る。歩行者優先の横断歩道でもクルマが停まるのを確認してから渡る。歩道のない道路を歩くときは、後ろから来るクルマに注意を払うなどなど。

「事故にあったら、クルマが悪いんだから、歩行者は気にしなくていいのよ」的な心がけで歩いていると、事故にあう確率が高くなる。事故に好かれる人たちはそういう人たちなのだろう。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

続 「物質量(モル)」か「モル数」か

9月4日に、何モルかを表現するのに「物質量」ではなく、「モル数」でいいのではないかと書いた。ただし、現在は正式には日本の高校化学の指導要領でも、IUPACでも「物質量(amount of substance)」と表現することになっている。

化学科の3年生と話していて、「まずモル数を計算して」と指示したら、きょとんとされた。まさか、モルの概念を知らないのではと一瞬、不安になったが、「物質量を計算して」に言い換えたら、「なんだ、物質量のことですか」となった。今の指導要領で高校化学を習ってきた学生は、モル数では伝わらず、物質量で伝わるのかと少し妙な気分だった。

高校の化学では、「モル数」という用語も併用されているものと思い込んでいたが、実は「モル数」は高校では死語なのだろうか。しかし、「モル数」という用語の意味がとれないようでは、いろいろと不都合が生じるように思う。実際、「モル数」の用語はGoogleで検索しても多数ヒットする。

私自身、質量(g)のことをグラム数と表現している書物を見て(これは物質量をモル数と表現しているのと同じく誤用とされるわけだが)、一瞬、意味がわからなかったことがある。単純に質量(g)のことを意味しているのか、まったく別の概念を意味しているのかがわからなかったのである。

昔、使われていて、今は使わない方がよいとされている用語を教育すべきか、べきでないか、これは実は非常に難しい問題である。高校では教えない、もう使わない方がよいとされた用語が大学の教科書や専門書では健在で、当たり前のように使われていることもが多いからである。

規定度(N)も似たような経緯をたどった。かなり優秀と思われる学生から規定度って何ですかと質問されたことがある。別に彼が不勉強だったわけではなく、1994年度の高校1年生からは高校の指導要領から消えていたのだった。これは大学で習えばいいという趣旨で消えたのではなく、使用する単位はSI単位系に統一するという世界的な流れに従い、削除されたのである。だから、趣旨をくめば、大学や産業の現場でも使わない方が良いということになる。

昔、使われていて、今、あまり使われない化学用語

規定(N)・・・モル濃度(mol/L)×価数 例 塩酸は1mol/L=1規定、硫酸は1mol/L=2規定

グラム当量(または当量)・・・物質量(mol)×価数 例 硫酸は1mol=2グラム当量 

モル数(mol)・・・物質量(mol)のこと

グラム数(g)・・・質量(g)のこと

1グラム分子・・・分子1molのこと

1グラム原子・・・原子1molのこと

一塩基酸・・・1価の酸のこと(1価の塩基ではない)

二塩基酸・・・2価の酸のこと

一酸塩基・・・1価の塩基のこと(1価の酸ではない)

二酸塩基・・・2価の塩基のこと

塩基度・・・酸の価数のこと(塩基の価数ではない) ※塩基性度はまったく別の意

酸度・・・塩基の価数のこと(酸の価数ではない) ※酸性度はまったく別の意

他にも、たとえばCr2O3は「三酸化二クロム」または「酸化クロム(III)」だが、「三二酸化クロム」と表現する世代もいる。世代の問題なのか、別の問題なのか・・・。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2006年9月 | トップページ | 2006年11月 »