« 高速フーリエ変換 Excel VBA用FFTプログラム | トップページ | 「リサイクルせず中古品として再利用」 -環境にやさしいけれども、家電リサイクル法では違法 »

2007年3月30日 (金)

ホウ素とフッ素の排水基準、温泉旅館への適用は延期へ

平成13年(2001年)7月に施行された水質汚濁防止法で、フッ素、ホウ素、硝酸性窒素が新しく排水基準の規制対象となった。濃度的にもかなり厳しい基準である。

排水基準(平成13年7月に新しく加わったもの)

 ほう素及びその化合物:  10 mg/l以下

 ふっ素及びその化合物:  8 mg/l以下

 アンモニア、アンモニウム化合物、亜硝酸化合物及び硝酸化合物:  100 mg/l以下

ちなみに排水基準ではなく、いわゆる環境基準(「人の健康保護に関する環境基準」、自然界の水に適用するもの)は上記、排水基準の10分の1の濃度が設定されている。河川などに排出されると10分の1以下に薄まるだろうという考え方に基づく。

それで、この基準に直ちに対応するのが困難な40業種については3年間猶予が与えられて、平成16年7月まで別の暫定排水基準が適用されることになった。さらに、そのうち26業種については、平成19年7月までもう3年間の猶予が与えられることになった。この26業種に温泉旅館が含まれるので、いろいろと話題になっていた。平成19年7月以降、温泉旅館の一部は廃業を余儀なくされるのではというのである。

一部の温泉の原水にはフッ素やホウ素が含まれていて、それをそのまま河川に放流すると、上記の排水基準を上回ってしまうのである。有名な温泉ほどこれらの成分が濃いといい、草津温泉、下呂温泉はフッ素の排水基準を上回るし、別府温泉、白浜温泉はホウ素の基準を上回る。排水のためには、これらの成分の除去装置を設置する必要があって、その費用が数千万円かかるという。

で、さらにさらに3年間の猶予が与えられるかどうかが、注目されていたのであるが、昨日(3月29日)、環境省は排水基準の適用を、さらに3年間先送りすることを発表した(環境省報道発表資料ほう素・ふっ素・硝酸性窒素に係る水質汚濁防止法に基づく暫定排水基準の平成19年7月以降の取扱いについて」)。(某テレビでは厚生労働省が発表したと言っていたが、水質汚濁防止法の管轄は環境省なので、厚生労働省が発表することはまずないと思う)

フッ素、ホウ素の排水処理の技術が成熟していないことを考えると当然の措置である。

水に溶けにくいフッ化物としては、フッ化カルシウム(蛍石)が有名であるが、この水に溶けにくいとされるフッ化カルシウムが水に飽和したときの濃度が16mg/lである。排水基準が8 mg/l、環境基準が0.8mg/lなので、フッ素を沈殿させて除去するのは相当困難といえる。水で薄めて排出するか、イオン交換するしかないのだが、人が体を浸ける温泉レベルの濃度でそこまでやる必要はないのではないか。

法的な問題点も指摘されている。

温泉旅館には水質汚濁防止法が適用されるのに、日帰り入浴施設には同法が適用されないのだ。水質汚濁防止法は「事業所」を対象としているので、旅館業を営む「温泉旅館」は対象になるが、日帰り入浴施設は厚生労働省管轄の公衆浴場法の対象となるため、水質汚濁防止法の「事業所」には当たらず、排水基準の適用対象外なのだそうだ。

おかしな理屈である。環境省が上記の排水基準を温泉旅館に当てはめるのなら、厚生労働省も公衆浴場法を改正して同様の基準を作るべきだし、あるいは逆に、温泉旅館のうち浴場からの排水だけを水質汚濁防止法の適用除外にすることも考えるべきだろう。でないとバランスがとれないのである。

法律の適用ということになると、省庁の管轄が違うなどの縦割り行政が絡んでくるので、公平さ、バランスを欠く事態になることが多いようである。

|

« 高速フーリエ変換 Excel VBA用FFTプログラム | トップページ | 「リサイクルせず中古品として再利用」 -環境にやさしいけれども、家電リサイクル法では違法 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/187788/14457863

この記事へのトラックバック一覧です: ホウ素とフッ素の排水基準、温泉旅館への適用は延期へ:

» 排水規制に疑問 [fuzuponの日記]
http://tsuyu.cocolog-nifty.com/blog/2007/03/post_6620.html 工場を建てた訳じゃあるまいし、今まで何の問題も起こっていなかった「排水」を規制する意義がわかりませんね。 行政だって、温泉宿がつぶれた後の、湧き続ける温泉に対して排水処理施設を作るわけじゃないだろ... [続きを読む]

受信: 2007年4月 1日 (日) 00時48分

« 高速フーリエ変換 Excel VBA用FFTプログラム | トップページ | 「リサイクルせず中古品として再利用」 -環境にやさしいけれども、家電リサイクル法では違法 »