« JR東日本が東京駅で「発電床」の実験 -実用性は・・・? | トップページ | 27年前の中学受験 -能力開発センターの追憶 »

2008年1月30日 (水)

中国製冷凍ギョーザから有機リン系農薬「メタミドホス」が検出 -千葉、兵庫で食中毒

JTフーズが輸入した中国製冷凍ギョーザを食べた千葉県、兵庫県の3家族10名が食中毒を起こし、うち9名が入院し、3名が重症、5歳の女児1名が意識不明の重体となっている(30日現在の報道)。

冷凍ギョーザを分析したところ、有機リン系農薬のメタミドホス(Methamidophos)が検出されたという。ギョーザのパッケージの裏から、メタミドホスが検出されたという報道もある。メタミドホスは日本では農薬に使用されていないためか、「毒物」には指定されていない。しかし、その毒性を見ると、水銀や青酸カリと同じ分類の「毒物」に指定されてもおかしくないレベルの強い毒性をもっている。

■ メタミドホスの構造

Methamidophos_3メタミドホス(Methamidophos)は分子量141.1、分子式C2H8NO2PSで、構造式はの通りである。水によく溶ける(水1リットルに200グラム以上)ので親水性農薬とも呼ばれる。

メタミドホスは、同じく農薬として使用されているアセフェート(Acephate)が分解しても生じる。アセフェートは、メタミドホスのアミノ基をアセチル化(-COCH3)した構造であ る(下)。

純粋なメタミドホスの融点は44.5℃だが、実際に使用されている不純物を含むものの融点は37~39℃。メタミドホスは沸点に到達する前に熱分解してしまうため、メタミドホスに沸点はない。また、熱分解による生成物も有毒とされている。

Acephate_4

アセフェートAcephateの構造式

■ 有機リン系農薬メタミドホスの急性毒性について

ヒトに対する毒性は動物実験の結果から推定される。毒に対する抵抗性は体重に比例するので、体重60キロの成人なら、半数致死量は0.6~3.0グラムというところか。体重の軽い子どもなら、もっと少量で致命的になる。

オレゴン州立大学のWebによると

経口摂取時の半数致死量(LD50)
  ラット:体重1キロ当たり16~21ミリグラム
  ブタ:体重1キロ当たり30~50ミリグラム
  ウサギ:体重1キロ当たり10~30ミリグラム

経皮吸収の半数致死量(LD50)・・・皮膚から浸透した場合
  ラット:体重1キロ当たり50ミリグラム
  ウサギ:体重1キロ当たり118ミリグラム

吸入した場合の半数致死量(LD50)・・・呼吸で吸い込んだ場合
  ラット:体重1キロ当たり9ミリグラム
  マウス:体重1キロ当たり19ミリグラム

決して怖がらせるつもりではないが、毒性が発現するメカニズムはコリンエステラーゼ阻害、あの毒ガス「サリン」と同じである。

ギョーザの原料に、農薬が残留していた可能性があるわけだが、このような状態では中国産野菜を安心して食べるわけにはいかないであろう。この農薬は水によく溶けるので、みずみずしい野菜の中に溶け込んでいるケースも考えられる。工場で加工時に混入した可能性もある。

私は、JT関連会社の作る食品の味が好きになれないので、たまたま意識して買わないことにしていたのだが、JTに限らず、他のメーカーでも十分考えられる事件である。

余談
 専売公社が日本たばこ(JT)株式会社になってから、色々な飲料を発売しているが、以前の缶コーヒー(Rootsブランドになる前の昔のもの、Rootsはだいぶましになったが・・・)はひどい味であった。バブルの頃、派手にCMしていた「クリーミーカフェ」という名の缶コーヒーがあったが、全くとんでもない味で、缶コーヒーを飲みきらずに捨てたのは、あれが初めてだった。あの頃は、JRブランド(岩清水と銘打ってJR東日本が出していた)とJTブランドの飲料はダメダメというのが、私の周囲での一致した意見だった。「桃の天然水」は売れているらしいが、甘すぎることはおいておいても、加糖したドリンクを「天然水」と銘打って売るのは企業倫理に反する行為である。ミネラルウォーターと誤認される。「華茶果茶(かちゃかちゃ)」という発酵した風な妙な味のお茶も出していたが、すぐに消えてしまった。飲料開発のノウハウがなかったのか、開発者がただの味オンチだったのか気になるところである。

|

« JR東日本が東京駅で「発電床」の実験 -実用性は・・・? | トップページ | 27年前の中学受験 -能力開発センターの追憶 »

コメント

沸点に達するまでに熱分解するということは、煮沸処理をすれば、特に問題ないということなのだろうか。
 
ということは、焼き餃子で冷凍でも、単に焼くのではなく水を入れてパリッとさせる方法で調理した人は、実は問題が発生しないということなのだろうか。
 
それで、調理して食べた人々の、その後の体調変化に差異が認められるのだろうか。その点に関し、不思議に思って記事を拝見しました。

投稿: たぁ坊 | 2008年1月31日 (木) 16時25分

>純粋なメタミドホスの融点は44.5℃だが、実際に使用されている不純物を含むものの融点は37~39℃。メタミドホスは沸点に到達する前に熱分解してしまうため、メタミドホスに沸点はない。また、熱分解による生成物も有毒とされている

なので、仮にすべて熱分解しても問題は残るでしょう。
それに加熱によって沸点に達しても、メタミドホスが全部分解ないし蒸発するとは限りません。
たとえば、お湯をぐらぐら煮ていて100度になった。でもその瞬間に全部蒸発してしまうことがないのと同じです。

投稿: ぱろ | 2008年1月31日 (木) 17時36分

さらっと読んだんで読み落としてました。
 
熱分解した生成物が有毒っていうことなら完全にアウトですね。
ということは症状の違いは個人差以外の何物でもないんですね。

とにかく、50人も集まらないと検査をしないという部分に驚いています。一部報道で知ったことですが・・・。 

投稿: たぁ坊 | 2008年1月31日 (木) 21時19分

私も、クリーミカフェの缶コーヒーを飲んだ記憶がある。
たしかに、マズイ味で工場長は飲んだことあるのか?と疑った
JTFは食品能力はなく。なにかてっとりばやく、儲けたいがために
作った会社なのだろう。
メタミドホスの化学構造は参考になった。
大須田勉

投稿: 大須田勉 | 2008年2月 2日 (土) 21時28分

I had got a desire to begin my own business, nevertheless I did not have enough amount of cash to do it. Thank goodness my close friend said to use the mortgage loans. Therefore I received the short term loan and made real my desire.

投稿: CAREYCotton23 | 2011年8月11日 (木) 14時33分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/187788/17900680

この記事へのトラックバック一覧です: 中国製冷凍ギョーザから有機リン系農薬「メタミドホス」が検出 -千葉、兵庫で食中毒:

» 駅伝大会中止 (´・ω・`)ガッカリ・・・ [踊れ!鬱病サラリーマン]
朝起きたら雨の音。電話が鳴った。娘の駅伝大会のために早起きして朝食を作っていた家内が出た。「中止ですか、はい、わかりました・・・。」駅伝大会は中止らしい。僕も観に行く予定だったのに、残念。駅伝大会はなくなったが、息子の部活があるのでそのまま起きて朝食を食べた。午前中の予定がなくなったので、チョーヒマ。(´∇`)ファァーイとりあえず、カメと金魚の世話をした。今月のライブで歌おうと思っているヒーチャンが作った曲を覚えようと思っていたのだが、全然やる気なし。結局、パソコンの前でグダ...... [続きを読む]

受信: 2008年2月 3日 (日) 23時37分

« JR東日本が東京駅で「発電床」の実験 -実用性は・・・? | トップページ | 27年前の中学受験 -能力開発センターの追憶 »