« 27年前の中学受験 -能力開発センターの追憶 | トップページ | 「姫路モノレール」の追憶 »

2008年2月11日 (月)

石川県金沢市の人家で2月なのに蜘蛛「アシダカグモ」を発見・・・

今日の昼間、自宅の壁に黒い毛糸くずのようなものを発見。よく見るとクモ(蜘蛛)である。そのまま忘れていたが、夕方夜6時頃になって、リビングの床に、比較的大き目の黒っぽい虫が出てきて、うろうろしている。昼間、見つけたクモのようだった。

新聞紙で叩きつぶしたのだが、この寒い時期にクモが出てくるなんて・・・と、妙に思って調べてみた。

昆虫エクスプローラというHPで調べてみると、どうもアシダカグモHeteropoda venatori)のようである。それによると、

時期:1年中

人家内に住む、褐色の大きなクモ。夜行性で、夕刻から家屋内を徘徊し、ゴキブリなどを捕らえて食べる。南方系の種類で、本州では主に千葉県以南の太平洋側で見られるが、次第に分布を北に広げつつある。

千葉以南の太平洋側で見られていたものが、分布を北に広げつつあるとはいえ、積雪のある石川県金沢市の人家に2月に出てきたのは意外である。

アシダカグモをWikipediaで調べると

全世界の熱帯、亜熱帯に分布する徘徊性のクモである。日本には茨城県以南の本州・四国・九州地方に生息し、冬季に着雪のある北海道・東北・石川県以北で確認された例はないとされるが、富山県・黒部峡谷の屋内施設でも見られ、主食とするゴキブリの勢力を追いかける形で、交通機関などでの人為分布が進んでいると考えられる。

だそうである。「石川県以北で確認された例はないとされる」一方で、「富山県黒部峡谷の屋内施設でも見られる」とある。石川県の人家で2月に発見される例は珍しいのか、どうかよくわからないままである。ゴキブリを捕食するという話だが、ゴキブリは出てきてはいない。周辺は比較的新しい住宅の並ぶ住宅街である。

ちなみに、本日(2月11日)、石川県の人家(つまり我が家)に出てきたクモの写真この写真を見る。新聞紙で叩きつぶした後なので、足は丸まってしまっている。

追記: この文献(KISHIDAIA, No.86, Sep. 2004)の4頁によると、既に1998年10月20日の北國新聞に「石川県内での発見は初めて」と報道されているようである。

|

« 27年前の中学受験 -能力開発センターの追憶 | トップページ | 「姫路モノレール」の追憶 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/187788/40088643

この記事へのトラックバック一覧です: 石川県金沢市の人家で2月なのに蜘蛛「アシダカグモ」を発見・・・:

« 27年前の中学受験 -能力開発センターの追憶 | トップページ | 「姫路モノレール」の追憶 »