« ホウ酸、およびホウ酸塩の化学 | トップページ | オービタル(原子軌道)を図示するときによくある混乱、間違い »

2008年5月 7日 (水)

古い98互換機とMS-DOS Ver. 5.00に関するメモ

うちの研究室では1994年のPC(98互換機)がまだ現役である。マウスもWindowsも使えず、黒い画面に出るMS-DOSのプロンプト(">"のこと)にキーボードから入力するタイプである。

古いPCを使っているのには、もちろん理由があって、古い測定装置(粉末X線回折装置島津XD-D1)とセットになっているからである。この測定装置は、当時の独自のインターフェースを通じてPCとつながっているので、PCが壊れると測定装置は制御できなくなる。

PCを最新のWindows XPの機種に更新して、この測定装置を制御することは無理だという。装置側のインターフェースが、当時のPCに合わせて作ってあるかららしい。まあ、技術的には絶対に無理ではないが、かなりのコストがかかるということだ。

Windowsに慣れてしまった人は、MS-DOSや古い98互換機(PC-9801シリーズを含めて)の使い方はまったく知らないので、以下に使い方などのメモ。

スペック:PC-486SE(EPSON製の98互換機)、メモリ1.6メガバイト、MS-DOS Ver. 5.00

※MS-DOSは「エムエスドス」と読む。
※※98は「きゅうはち」と読む。1990年代前半までに、日本で売れに売れたNEC 9801シリーズのことをさす。Windows 98のことではない。EPSONから98互換機が販売されていた。

■ 電源の入れ方(重要)

1.フロッピーディスクを取り出しておく(重要)。2.で電源を入れたときにフロッピーが損傷する可能性があるため。

2.ディスプレイ(モニター)、PC本体の電源を入れる。ハードディスクがあり、システムがハードディスクにある場合はそのまま待つ。フロッピーにシステムが載せてある場合(システムディスクという)は、この後、フロッピーを挿入する。電源を入れて、数秒以内にフロッピーを入れると、PCはフロッピーにシステムがあると思い込むので、システムがなければ立ち上がらなくなる(これは今のPCも同じ)。

3.MS-DOSのプロンプト > が表示されるので、命令を入力する。メニューが起動される場合は、メニューにしたがって操作する。

注意点など:
 ハードディスクはCドライブではなく、Aドライブのことが多い(重要)
 大文字と小文字の区別はないので、好きな方を使う。
 ENTERキーを最後に押さないと、入力していないのと同じ
 メニューでは、ファイルの選択、選択解除にスペースキーを使うものがなぜか多い
 STOPキーを押すとほとんどの場合、プログラムは停止する

何らかの理由でプログラムが停まって、もう一度、起動時と同じプログラムを立ち上げたいときは、>の後ろに AUTOEXEC.BAT と入力して、ENTERすればよい。それでも動かないときは、>の後ろに、 A:\ など、ハードディスクのドライブ名+コロン+\を入力する。AUTOEXEC.BATは、UNIXの.login(ドットログイン)のようなもの。

■ 電源の切り方(重要)

1.プログラムを終了させて、MS-DOSのプロンプト表示 > にする。

2.STOPキーをゆっくりと2回押す。ハードディスクを損傷しにくい状態にするため

3.フロッピーディスクを取り出す。

4.PC本体、ディスプレイの電源を切る。

■ よく使うMS-DOSのコマンド例

以下はプロンプト > から入力して実行するコマンドの例

DIR   ディレクトリの中のファイル一覧を表示する。一気に表示されてしまうので、DIRの後ろに /P や /W を付けて、小刻みに表示させることが多い。ディレクトリとはフォルダのことと思っておいてよい。 

A:   Aドライブに移る。Bドライブも同様。

CD   ディレクトリの位置を変える。 CD A:\TEST でAドライブのTESTという名のディレクトリに移る。この場合、\マークは一番、根元、つまりトップの意味である。いま、Aドライブの根元にいるなら、 CD TEST だけでよい。

COPY   ファイルをコピーする  COPY A:XRD.TXT B:  でAドライブのXRD.TXTというファイルをBドライブにコピーする。

MORE   ファイルの中身を表示する。 TYPE XRD.TXT | MORE でファイルの中身が1ページずつ表示されるが、テキスト形式でない場合は文字化けする。| MOREを付けずに、TYPEを使うと一気に中身が表示される。

*    *.TXT で、拡張子がTXTのファイル全てを意味する。例えば COPY A:*.TXT B: でAドライブにある拡張子TXTのファイルを全て、Bドライブにコピーできる。*.*とすれば、ディレクトリ内の全ファイルを意味する。

|

« ホウ酸、およびホウ酸塩の化学 | トップページ | オービタル(原子軌道)を図示するときによくある混乱、間違い »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/187788/41124870

この記事へのトラックバック一覧です: 古い98互換機とMS-DOS Ver. 5.00に関するメモ:

« ホウ酸、およびホウ酸塩の化学 | トップページ | オービタル(原子軌道)を図示するときによくある混乱、間違い »