« 危険なモノを正しく危険と認識できる設計、デザインが必要 小学生が校舎屋上の天窓から転落死に思う | トップページ | 水とお湯を同時に冷凍庫に入れるとお湯が先に凍る -本当かウソか »

2008年6月26日 (木)

PCBをめぐる1976年の回想 -新幹線姫路駅のPCB漏れ事故

1976年、ロッキード事件が発覚し、その容疑者邸に俳優がセスナ機で自爆攻撃したと思ったら、今度はソ連のミグ25が北海道に飛んできて不時着し、パイロットが亡命を求めたなどという、不穏な事件が次々と起こった。台風17号は、兵庫県南部で「足踏み状態」となって甚大な被害をもたらし、小学校が1週間近く休みになった(今でも「台風17号」というと、この年の災害をさすらしい)。毛沢東もこの年に亡くなった。

私は小学2年生で、子ども番組が何度も臨時ニュースに変わってしまうのを見て、子どもながらに何か陰鬱なものを感じていたのであった。

■ 姫路駅で新幹線からPCB漏れ事故

そんなとき、自分の身の回りで起きた出来事に、姫路駅付近で新幹線からPCBが漏れるという事故があった。私は雨が降ったとき、新幹線姫路駅の高架下の空き地を遊び場にしていたので、PCBが漏れる事故はまさに遊び場の頭上で起こったのだった。PCBは毒性の高い環境汚染物質である。

当時の事故を新聞はこう伝えている。

1976年(昭和51年)6月5日(土) 朝日新聞 夕刊(東京最終版)

新幹線、終日遅れ

姫路付近 変圧器のPCB流出

新幹線は5日の始発から、姫路駅を通る上下線が終日、2~5分遅れた。前夜、姫路付近で「ひかり」の変圧器がこわれて、なかにあった絶縁用のPCB(ポリ塩化ビフェニール)がこぼれ、5日朝までに回収しきれなかったため。

事故が起きたのは4日午後6時50分ころ。東京発博多行き「ひかり13号」が、通過する姫路駅の手前にさしかかったとき、13、14号車の電気系統の故障を知らせる運転台の表示灯がついた。とりあえず岡山駅まで運転、調べたところ、14号車の床下に取りつけてある変圧器がこわれ、中のPCBがこぼれていることがわかり、この列車は同駅で運転を打ち切った。

こぼれたPCBは変圧器に入っている量の2割にあたる約90リットルで、姫路駅をはさんだ約1.4キロの区間と岡山駅構内にとび散っていた。国鉄は列車の運行が終わった5日午前零時ごろから、よごれた砂利の回収やまくら木の掃除などをしたが、始発時間までに終わらなかった。このためPCBがこぼれた姫路駅構内の通過線線路をビニールで覆って、拡散を防ぐとともに、5日の同駅を通る列車は始発から下り通過線を使わず、上り通過線か停車用線路を通した。

この影響で、列車は同駅で徐行、または臨時停車したため、軒並み2~5分遅れるほか、車両のやりくりの関係で博多発新大阪行き「こだま394号」が運休する。

ビニールで覆われた姫路駅構内のよごれた砂利は5日深夜に回収される予定。

東京版なので新幹線の遅れがメインの扱いになっているが、神戸新聞など地元メディアはもっと大きな扱いだったと記憶している。漏れたPCBが90リットルとは大量である。

新幹線で東京方向から来ると、姫路駅に着く直前、すぐ左下に児童公園(南駅前町公園)が見える。この児童公園が、私たちの晴天時の遊び場所だったのだが、雨が降ると、新幹線の高架下に入り、空き地で遊んでいた。柵はあるにはあったのだが、子どもでも簡単に乗り越えられる柵であった。

高架上から伸びる雨どいから、大量の雨水が流れてくるのが面白くて、その水を使ってよく泥んこ遊びをしていたのである。幸いなことに、のどが渇いても、その水を飲んだりすることはなかった。これは当時、小学生の間で、雨水を飲むと白血病になるという都市伝説が流れていたためであった(もちろん根拠のないデマだが、このデマのおかげで、私はPCBに汚染された水を飲まずにすんだともいえる)。

ちなみに、私がよく遊んだその高架下の空き地は、いまパチンコ屋になっている。児童公園のすぐ向かいがパチンコ屋というのも妙な取り合わせだが、土地柄だろう。

このPCB漏れの事故があってからも、あほな私たちは、しばらく梅雨空の中、高架下で遊んでいた記憶がある。しばらくすると、柵がしっかりした有刺鉄線に変わって入れなくなり、雨どいも雨水に触れないように頑丈なカバーが取り付けられた。

こんな話を、同僚の環境化学の研究者にすると、肝臓を試料にくれだとか、血液を調べてあげましょうかと冗談半分で言われる。今のところ健康には異常がない。

PCBの一件はこれで終わりではなかった。

■ PCBで汚染された砕石が近所に埋められた

PCB漏れの事故があって、2年ほど経ったときのこと。夕刻、自宅にいると外がガヤガヤと騒がしい。隣町の南豊沢町の人たちが三々五々、私たちの住む北豊沢町(現在の南駅前町)の家を訪れて、こう詰め寄った。

「PCBゆう毒が北豊沢に埋められとるいう話やないか。勝手に北豊沢が了解したんか?そんなもん漏れたらこっちにも来るんやさかい、南豊沢にも言うてもらわな困るやろ」という趣旨であった。新聞記事で知ったという。

しかし、北豊沢にも初耳だったのである。「そんなもん聞きはじめや(播州弁で初耳の意)。ここらの自治会長は、Hはんや。Hはんやったら何か知っとるやろ」ということになり、南豊沢、北豊沢の人たちがそろって、ぞろぞろとHさんの家に向かったのであった。

HさんはPCBが埋められたことを知っていた。推定するに、当時の国鉄から何らかの打診があったときに、ノーと言わなかったのであろう。後日、順序が逆ながら、国鉄側のPCB埋設に関する説明会が行われたのであった。

私は小学生だったので、そんな説明会には参加しておらず、詳細な内容はわからないが、コンクリートでしっかり作って大丈夫なようにしてあるという話だったらしい。「コンクリートがひび割れ起こしたらどないするねん。ほんまに大丈夫か」といろいろ指摘があったそうだが、もう埋められているものはどうしようもなかった。

近所に、井戸を使っている家があったのだが、近所にPCBを埋めるので、念のために井戸の使用をやめてくれと国鉄が要請したと聞いた。

私は正確な位置は知らないが、PCB汚染物は姫路駅付近の新幹線高架下に埋められているらしい。

PCB汚染物は、最終処分(永久に埋め立て)ではなく、処理技術が完成するまで一時的に保管するという扱いになっている。そもそも廃棄物最終処分場でもない新幹線高架下に永久に埋めることはできない。しかし、いわゆる遮断型最終処分場と同レベルの高い管理水準、安全性が求められるのは言うまでもない。既に約30年が経過しているが、コンクリートは劣化していないか、埋め立て場所からPCBが周辺土壌に漏出していないか、非常に気にかかるところである。

腑に落ちないこともある。

PCB廃棄物を保管している事業所は、PCB特別措置法に基づき届出が義務付けられている。どこにPCB廃棄物が保管されているかは、国民に公開されていて、下記の環境省のHPから検索できるようになっている。

「PCB特別措置法に基づくPCB廃棄物の保管等の届出の全国集計結果について」http://www.env.go.jp/recycle/poly/hokan/index.html の中の「PCB保管・使用事業場検索」をクリックすると検索画面。

しかし、この環境省のHPで検索しても、新幹線姫路駅高架下に埋められたPCB汚染物が出てこないのである。PCB特別措置法における「保管」の扱いではないのか。では、いったいどういう扱いなのか。(※姫路新幹線保線区の名前でヒットするものがあるが、駅から数キロあるので場所が違う)

■ PCBが埋められていることは語り継いで忘れないようにするべき

いま、姫路駅は在来線まで高架になり、駅南の様相が30年前とまったく違ってきている。民家のあった場所がホテル、駐車場に変わり、PCBが埋められたことを知る人も少なくなってきている。

知らずに、井戸水をくみ上げて使用する事業所が出てこないとも限らない。

PCBなどは時間が経ったときの方が、漏出のリスクが増えるから、古いことほど、注意して気に留めておくべきである。

|

« 危険なモノを正しく危険と認識できる設計、デザインが必要 小学生が校舎屋上の天窓から転落死に思う | トップページ | 水とお湯を同時に冷凍庫に入れるとお湯が先に凍る -本当かウソか »

コメント

揉み消すかもしれない勢力を独りで論破できる専門家の卵が
当時見ていたのは面白い話ですね。
姫路駅周辺をよろしくお願いします。

投稿: | 2008年6月27日 (金) 17時59分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/187788/41650213

この記事へのトラックバック一覧です: PCBをめぐる1976年の回想 -新幹線姫路駅のPCB漏れ事故:

« 危険なモノを正しく危険と認識できる設計、デザインが必要 小学生が校舎屋上の天窓から転落死に思う | トップページ | 水とお湯を同時に冷凍庫に入れるとお湯が先に凍る -本当かウソか »