« 2008年7月 | トップページ | 2008年12月 »

2008年10月31日 (金)

石こうボードが雨水と反応して、硫化水素が発生!?

ホテルの地下室に、石膏ボードなどの廃材を不法投棄したとして、29日、ホテルチェーンの元社長が逮捕された。

今年5月、「東横イン松江駅前」で地下室から硫化水素が大量に発生して、近くにいた男女8人が手当てを受ける騒ぎがあったのだが、地下室に廃棄されていた石こうボードが発生源であった。逮捕された元社長は、この不法投棄を指示したという。

石こうボードが雨水に反応し今年5月28日、致死量を上回る濃度の硫化水素が発生」(日経)

酸素が少ない状態で石膏ボード内の硫酸カルシウムと雨水が反応し、硫化水素が発生したとみられ」(朝日)

と硫化水素が発生した原因を説明しているが、これには注釈が必要である。

石こうボード(硫酸カルシウム)と雨水だけの化学反応では、硫化水素は発生しない。たとえ雨水が酸性雨だったとしてもである。

石こうボードは、石こう、すなわち硫酸カルシウム二水和物(CaSO4・2H2O)が主成分である。この硫酸カルシウム二水和物中の硫黄原子Sの酸化数は+6一方、硫化水素H2S中のSの酸化数は-2である。

言ってみれば、石こう中の硫黄は陽イオンのようなもの(厳密にはちょっと違うが)で、硫化水素中の硫黄は陰イオンである。前者から後者に変化するには還元剤が必要で、雨水がかかるだけとか、酸性の薬品がかかるだけでは、この反応は進行しない。

石こうが硫化水素に変化するためには、もっと複雑な条件が必要である。実際の反応では、硫酸塩還元菌という菌が悪さをして、硫酸塩(石こう)を硫化水素に変えている。最終処分場などの土壌中には、このような菌がいるから、気をつけなければいけないが、ホテルの地下室でもこのような反応が起こったのは意外であった。

廃棄物最終処分場に埋め立てられた石こうボードから硫化水素が発生することは、かねてから問題になっていて、廃棄物関係者の間では、比較的よく知られた話である。

石こうボードに貼ってある紙が硫酸塩還元菌の栄養分になるから、紙をはがして埋め立てれば大丈夫という話が一時あったが、紙をはがしても栄養分はほかにあるから、やっぱりダメということになったという話があった。

詳しい発生条件は、国立環境研究所研究報告第188号 「安定型最終処分場における高濃度硫化水素発生機構の解明ならびにその環境汚染防止対策に関する研究」
http://www.nies.go.jp/kanko/kenkyu/pdf/r-188-2005.pdf

に記載されている。2005年発行だから、比較的最近の報告である。

上の報告書に詳しいが、とにかく硫酸塩還元菌がいて、かつこの菌が活動できる条件(酸素が少ない、有機物があるなど)が整うと、石こうなど硫酸塩から硫化水素が発生する。

石こうボードが不法投棄されていたホテルの地下室は配管室だったというが、使用中の建築物中で発生するのは、新知見ではないかと思う。不法投棄はとがめられるべきだが、地下室の石こうボードから硫化水素の発生を予測しなければならないのは、少し酷である。

とにかく、石こうボードは部屋の仕切りに多用されているが、それに水(酸性雨含む)がかかるだけで反応して、硫化水素が発生するというのは、誤解である(新聞記事を見て、そのように思っている人が多い)。硫化水素の発生には、硫酸塩還元菌の作用が必要である。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2008年10月23日 (木)

北陸鉄道 鶴来・加賀一の宮間廃止へ

新聞地方版、ローカルニュースによると、北陸鉄道石川線の一部、鶴来-加賀一の宮間(2.1キロ)が来年11月1日までに廃止される。今日、国土交通省北陸信越運輸局に廃止届が提出された。

現在、北陸鉄道(本社・金沢市)は鉄道事業として、野町-加賀一の宮間(15.9キロ)の石川線、金沢-内灘間(6.8キロ)の浅野川線の2路線を運行しているが、廃止されるのは石川線の南端の鶴来-加賀一の宮間

石川線は利用客の減少が続き、1988年に200万人、1998年に169万人いた利用客は昨年度は127万人まで減少。約10年で約4分の3。ピーク時(1966年)の約5分の1。

廃止区間の年間利用客は6万7千人(一日180人)とひときわ少ない。廃止される区間は一日15往復の運行なので、1列車の平均乗客数約6人。白山比咩(はくさんひめ)神社への初詣客の利用が多く、その時期を除いて計算すると1列車平均約5人

昨年度の赤字は5900万円。廃止区間だけでも900万円の赤字。

現在、野町-鶴来間は一日34往復(休日は30往復)走っているが、廃止される鶴来-加賀一の宮間は一日15往復。

「線路、橋梁、変電所の老朽化が進み、今後5年間に維持、更新費用が約5億円必要だが、その余力はない。廃止予定は来年11月1日だが、可能であれば早めたい」と社長が記者会見で述べた。

鶴来-加賀一の宮間は1927年(昭和2年)に金名線の一部として開通した。金名線は、1984年に廃止された加賀一の宮-白山下間と合わせて、金沢と名古屋を結ぶ予定で建設されたものである。金名という名称はその名残。

Haishi_s_2 

上は廃止を伝える地元の北國新聞の記事(本日付朝刊)。

北陸鉄道石川線は私もよく利用していたが、おもな乗客は終点の野町にある津田駒への通勤客と、沿線の金沢工業大学や高校への通学客である。

同じ北陸鉄道が運行する路線バスに比べてそれほど速いわけでもなく、便利なわけでもない。野町-工大間はバスで12分、鉄道で10分である。

廃止される鶴来-加賀一の宮間はバスで7分、鉄道で6分。廃止されるのは残念だが、1列車5人という利用客数から考えても、廃止区間はバスで十分、代替可能なのは事実である。

環境負荷の面でも、電車を1両動かす時に排出するCO2量(火力発電を考える)と、バス1両を動かす時のCO2排出量はほぼ同じである。北陸鉄道は2両編成で運行されているから、エネルギー消費量(CO2排出量)でも、バスの方に分がある。

私は石川県に来てすぐの時、白山麓に向かう国道157号の途中、手取川にかかる橋の下に加賀一の宮駅が見え、そこにステンレス製の電車が太陽光を受けて輝きながら止まっているのを見て、こんなところまで電車が走っているのかと、えらく感動した覚えがある。付近は集落の点在した田園地帯である。国道157号は田園地帯にしては比較的交通量の多い道路なので、この道路が整備されるまでは、電車の利用者が多かったのだろうなと、そんなことを考えていた。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2008年7月 | トップページ | 2008年12月 »