« 科学的大発見、および技術的ブレークスルーのパターン | トップページ | 新車を当て逃げされる »

2009年1月13日 (火)

デジタル家電の寡占が進行中

本日付の日経新聞トップ記事によると「デジタル家電 寡占が加速」だそうで、上位のメーカー2社が5割超の国内シェアを占める品目が9種類あるという。全国家電量販店約4500店の販売実績をまとめたGfKジャパンのデータが基になっている(2008年)。日経新聞はNikkei Net上の記事と紙媒体の日経新聞本紙とで、記事の詳しさが違っている。紙媒体の方が格段に詳しく書かれている。

記事(紙媒体)によれば、寡占の進む9品目と国内シェア上位2社は

プリンター(セイコーエプソン、キヤノン)
ノートパソコン画面10.3型以上(NEC、富士通)
デジタルカメラ(キヤノン、カシオ)
電子辞書(カシオ、シャープ)
薄型テレビ(シャープ、パナソニック)
ビデオカメラ(ソニー、パナソニック)
DVDレコーダー(パナソニック、シャープ)
BDレコーダー(パナソニック、ソニー) 
ゲーム機(任天堂、ソニー)
携帯音楽プレーヤー(アップル、ソニー)

デジタル家電の製造には高度な技術力が必要で、技術のある上位メーカがシェアを伸ばし、体力に劣る下位メーカがシェアを減らすという構図。実際には、技術力だけでなく、営業力なども影響しているように思う。

プリンターは予想どおりである。電器店にいってもセイコーエプソン(企業別シェア48.0%)、キヤノン(47.3%)以外はほとんど並んでいない。インクジェットプリンタの技術は相当なもので、超微量の1ピコリットル(0.01mm×0.01mm×0.01mmの体積)のインクをまっすぐ正確に、1秒間に数千万個噴射する。セイコーエプソンはピエゾ素子(圧電素子)を使い、キヤノンは熱による気化の圧力で噴射するという技術上の違いがある。私は両方使ったことがあるが、両社とも同じような技術水準と思う。両社とも、インクジェットプリンタ本体はそれほど高価ではないが、取り換え用のインクカートリッジが高いのが難点である。聞くところによると、インクカートリッジで儲けるビジネスモデルだという。

意外だったのはノートパソコンである。空港とか新幹線車内で会社員がノートPCを使っているのを見ると、半分くらいがPanasonicのレッツノートである。残り半分をレノボ(旧IBM)のThinkPadだとか、東芝、NEC、富士通で分けあっている印象がある。家電量販店の販売実績なので、会社から支給されるノートPCは統計に入っていないのではという気がした。それとも出張時の持ち運び用としてだけ、パナソニックのシェアが高いのか?

デジタルカメラはキヤノン19.4%、カシオ18.5%である。キヤノンがトップだとは思っていたが、カシオが善戦しているのに驚いた。カシオはデジカメでは後発組で、21世紀になった頃はカシオ社員がキヤノンのデジカメを使っていたと思う。銀塩写真の時代にカメラを作っていて、なおかつ電子製品も作っていた会社というと、キヤノンしか思い当たらないので、キヤノンがデジカメに強くて、当然のような気がする。ちなみに、『デジカメに1000万画素はいらない』(たくき よしみつ著、講談社現代新書)によると、ニコン、オリンパス、ペンタックス、富士フイルムなどのデジタルカメラは、ほとんどが他社のOEM品らしい(レンズだけは自社品か・・・?)。

電子辞書はカシオとシャープどちらが売れているのか前から気になっていたが、カシオ59.1%、シャープ25.7%なので、カシオの方がよく売れているようだ。記事にはないが、私の記憶では、電卓はシャープより、カシオの方が計算が速くて正確だった(煩雑な計算をしたとき有効数字の桁数が多い)。

薄型テレビはシャープ(41.6%)、パナソニック(18.6%)。シャープは液晶テレビが普及する前から、液晶技術の研究開発を進めていたのでうなづける。

ビデオカメラはソニー31.9%、パナソニック23.0%。テレビ局などが使う業務用のビデオカメラはソニーの独壇場だから、家庭用でもシェアが高いのであろう。

携帯電話端末はシャープ25.1%、パナソニック16.9%である。情報通信に高い技術力があるNECや富士通でなく、家電メーカのシェアが高いようである。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

ちなみに私は、家電製品は壊れるまで買い替えない基本方針なので(場合によっては壊れても修理して使う方針なので)、しばらくデジタル家電を買う予定はないと思われる。

今は、ソニーの29型ブラウン管テレビTrinitron(KV-29DR5, 1998年製)、横長でない4:3タイプを愛用しているが、まったく問題ないきれいな画面である。「この時期のブラウン管が丁寧に作ってあって、きれいに映るんです」と聞いたことがあるが、真偽のほどはわからぬ。1回壊れたのだが、コンデンサか何かを取り替えたら復活した。知人のソニー社員に話したら、「何で新しいの買わないの?普通買うでしょ!」と言われてしまったが、わざわざ薄型に買い替える必要性を見いだせないのである。何のメリットがあるのだろうか。特に、部屋の角に斜め置きするので、薄型だろうがブラウン管だろうが占有する面積は変わらない。ただ、やたらと重くて、50kgはあるので、めったやたらとは動かせない。ブラウン管の周りに鉄枠が入っているためらしい。

2011年にはテレビ放送がデジタル化されるとのことだが、どう対処するか決めていない。デジタル放送などどうでもよいと考えている大多数の人にとっては、迷惑千万な話である。デジタル放送になると、テレビ内部で信号処理するため、時報が数秒遅れて表示されるようになるそうだ。正確には、時報だけでなく、放送がすべて数秒遅れて表示される。地デジになったら、テレビ番組もつまらないし、別段見たい番組はないから、テレビを置くのをやめようかと言ったら家人には反対されたが、実際、知己の何名かは家にテレビを設置していない。テレビの世帯普及率はこれから漸減していくのではと勝手に予測している。

携帯電話はドコモ(シャープ製)のSH505iを使っている。5年以上使っていると、古い部類に入るという。FOMAでなく、MOVAムーバである。MOVAも2012年をメドに廃止されるらしい。

使えていたものがインフラ整備など社会的理由で使えなくなるというのは、バカバカしい話である。使えていなかったものが、使えるように整備するのが普通である。

|

« 科学的大発見、および技術的ブレークスルーのパターン | トップページ | 新車を当て逃げされる »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/187788/43722012

この記事へのトラックバック一覧です: デジタル家電の寡占が進行中:

« 科学的大発見、および技術的ブレークスルーのパターン | トップページ | 新車を当て逃げされる »