« X線発生装置を設置しても、「放射線管理区域」を作らなくてよくなった? | トップページ | 白熱電球を長寿命タイプと普通タイプの両方に交換してみる »

2009年7月17日 (金)

著書が4冊出ました。

たまたま時期が重なったのですが、立て続けに共著、分担執筆の著書が4冊出版されましたので紹介しておきます。丸善から2冊、技術評論社から2冊です。

412bta2f2b3cl_sl500_aa240__2まず一冊目  『よみがえれ!科学者魂』(丸善 2,310円)amazonへのリンクは5人の中堅科学者の共著です。

私は、「ビッグサイエンス・ハイテクノロジーと一線を画す科学」の紹介として、「パーコレーションとインテリジェント材料-不思議で単純な”つながりの科学”を使う」の1章を執筆しました。研究の紹介だけでなく、研究に対する思い、理念についても書いています。

丸善の紹介文 「役に立たない、金にならない、特許にならない、企業が興味を示さない研究。しかし、無茶苦茶に面白い研究と実験を集めたとてもユニークな本。研究資金獲得に追いまくられる窮屈な研究環境におかれながらも科学者魂を失わない研究者が情熱を傾けて執筆、研究哲学も語る。持続可能性=サステイナビリティと、ハイテクノロジー・ビッグサイエンスとは一線を画す代替性=オルタナティビティという二つのコンセプトを掲げる。身の回りにあるものでできる魅力的な実験を掲載し、実験で本書のコンセプト(持続性・代替性)を体験できる。すべての研究者・技術者とこれから研究者を目指す若い人たちに贈る渾身の書。」

414l6ivo13l_sl500_aa240__2 次に、同じく丸善から(編集担当は全く別ですが)、『レーザー分光分析』(丸善 5,040円)amazonへのリンク

レーザー分光分析の中でも、光熱変換分光法(フォトサーマルスペクトロスコピー)と呼ばれる分野に絞ってまとめた書です。私は、「液液界面の準弾性レーザー散乱法」の「高精度測定のための諸技術」について執筆しました。過去に取り組んでいた研究の成果です。一般的なレーザー分光分析の教科書よりも、内容がより専門的でマニアックです。

丸善の紹介文 「分光技術の高機能化をはかる際に重要となるレーザーは,現在日進月歩で発展しており、さまざまな分光分析法が開発されている。本書は,日本を代表する光熱変換分光法の研究者である澤田嗣郎先生の40余年に渡るレーザー応用分光分析に関する研究の業績を中心に,レーザー分光分析法について,現場で活用できる実用的な応用展開を紹介する。」

51mosrjkmel_sl500_aa240__2 技術評論社から出た次の2冊は一般向けです。

いまさらきけない 化学の疑問amazonへのリンク、『いまさらきけない 物理の疑問amazonへのリンクの2冊。左巻健男氏の編集です。OKWaveに寄せられた質問から面白そうなものをピックアップして、専門家が回答しています。

私が回答した質問は次のようなもの。

化学の疑問編

マイナスイオンって何?、バッテリーのメモリ効果とは? etc

物理の疑問編

スパゲッティを折ると3つ以上に分かれる理由は?、「うまい棒」に穴があいていると強度が増すわけ etc

|

« X線発生装置を設置しても、「放射線管理区域」を作らなくてよくなった? | トップページ | 白熱電球を長寿命タイプと普通タイプの両方に交換してみる »

コメント

はじめまして、一般向けの2冊、早速購入し、勤務先の塾に通っている興味のある子供たちにも紹介したいと思います。 『よみがえれ!科学者魂』は個人的に読んでみたいです。これからも時々お邪魔させていただきます。

投稿: nukadousou | 2009年9月17日 (木) 19時43分

コメントありがとうございます。著書、お仕事に活用していただければ、この上ない幸せです。

今後ともよろしくお願いします。

投稿: つゆもと | 2009年9月24日 (木) 00時15分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/187788/45654107

この記事へのトラックバック一覧です: 著書が4冊出ました。:

« X線発生装置を設置しても、「放射線管理区域」を作らなくてよくなった? | トップページ | 白熱電球を長寿命タイプと普通タイプの両方に交換してみる »