« 2010年7月 | トップページ | 2011年1月 »

2010年12月23日 (木)

生まれて初めて肛門科を受診

早生まれなので、今年が本厄だった。別段、病気もせず、無事一年を終わりそうだったが、最後の最後に肛門科に行く羽目になった。こういう話は、興味のない人には気持ち悪いだけなので、読まずにおくことを勧める。

■ 受診するまで

先週、15日(水)あたりから、肛門の周囲に今までにない痛みがあって座りにくい。痛まない角度を探せば大丈夫だが、かなりの違和感だ。肛門周辺が何か少しだけ出っ張ってるような気もする。くしゃみや咳をしただけでも痛む。こんなことははじめてであった。

出血もないので様子を見ていると、金曜には寒気、倦怠感まで出てきた。インフルエンザにかかったときの様に、太ももから足先にかけて軽く疼痛があって寒い。熱はないし、風邪の症状もない。いつもは暑がりなのにである。とにかく、冷え症の人のように、足先が冷えて、仕方がなかった。

自分で肛門周りを見てみると、外観上、何の病変もないように見える尾骨側(6時の方向)を押すと痛む。しかも内部に小さく硬いしこりのようなものがいくつかある。それを押すと痛いのである。

土曜には、『プリザエース坐剤』を買ってきて、3回ほど使ったが、症状はあまり変わらなかった。

日曜になっても、人より暑がりな私が、人より寒がっている。熱はない。風邪の症状もない。肛門は相変わらず痛い。ということで、翌日には肛門科に行こうと決めた。肛門科の評判なんて、私らの世代だと口コミじゃあまり伝わらない。「肛門科」を診療科目に掲げた医院で、家から近いところをネットで探して、比較的近くにあるA胃腸科外科に行くことにした。こういうときには「肛門科」を掲げていない医院には行っても仕方がないと思う。

■ 初診で切開へ

12月20日(月)、朝一で行ったが、休み明けだったので少し混んでいた。他の患者さんは付き添いのいる高齢者がほとんどだった。

順番が来て、症状を伝えると、「そこでお尻を診ます」と隣の処置室の黒いベッドへ。左を下にして横向きに寝る(左側臥位)。ズボンと下着を膝まで下げて、お尻だけを出した状態。先生が指(見ていないが指と思う)を突っ込んでくると、激痛が・・・。苦しんできた痛みをさらに数倍にした痛みである。尾骨方向、左右、いろんな方向に動くたび、「痛い、痛い、痛い・・・」と痛みを訴えた。触診やら、その痛がり方やらでわかったのか、「膿(うみ)がかなりたまっています」との診断。

肛門の病気について何も調べずに受診したので、想定の範囲外の診断だった。後でわかったが「肛門周囲膿瘍(のうよう)」という名である。正直、それまで知らなかった名だ。名だけは仰々しいので、膿みがたまっているの表現の方が適切な気がする。これが進行したものが、痔ろうである。

先生は「切開して出しますか?」と、また想定の範囲になかった質問を続ける。「切開するとどうなるんですか」と聞くと、「ベンを出した後は、周りを消毒薬で拭いてもらう必要がある」。「抗生物質でたたいて、しばらく様子をみるのもいいけど」とも言われ、そちらを選びかけるが、「でも、いずれ切開せないかんようになるよ」と言われたので、その場で切開することを選択、外来での簡単な手術となった。

「では準備しますから」

同じ体勢のまま、ズボンにタオルをかけられ、腰の下にガーゼを敷かれ、さらに術野がよく見えるように、看護婦さんに、けつっぺたを広げられてテープで固定された。

まず、麻酔なのだがこれが一番痛かった。親知らずを抜いた経験から、麻酔は最初の一瞬はズキンと痛むが、その後は麻酔が効くので痛くないという思い込みがあった。それが、今回は麻酔を打っている10~20秒の間、ずっとそのズキンが続いていたのである。しかも動いてはいけないので辛い。看護婦さんが二人がかりで体重をかけて下肢を動かないように押さえていたし、私は「痛い、痛い」といいながら、ベッドのへりを思い切り握って力を逃がしていたのである。「あと、5ミリリットル追加して」の声が聞こえた。この5ミリリットルも後で注射されたようだが、このときは麻酔が効いて感覚がなかった。麻酔薬はリドカイン注射液(1%)を合計15ミリリットル。

「メス5番」の声が聞こえた。切開に入るらしい。いろいろ処置しているようであるが、本人に様子はわからない。「(膿が)これで出てきた」の声が聞こえた。説明されて知ったが、その後、切開した場所を経由して、膿が入っていた場所にドレーンを入れられ、糸で固定された。短いストローのようなものを肛門の横に差し込まれたわけである。そこから残っている膿が出てくるらしい。その後、ガーゼをかぶせられて、終了。

以上のことを、一言でいえば、外来の初診で、肛門周囲膿瘍を切開して排膿し、ドレーンを留置したとなる。

午前9時半頃に診察室に入り、手術が終わって、待合室に戻ったのは10時前である。30分もかからなかった。

「今日は、普段通り、生活してよいが、お風呂はダメで、軽くシャワーをする程度にしてください、明日、もう一度来て見せてください」という指示だった。

受付で、薬をもらって、支払いを済ませる。7810円(保険の効く分25340円×0.3+保険の効かない分210円)。ネットで調べるとかなり安い方らしい。肛門専門の病院には保険が効かないところも少なくないという。

処方された内服薬は、エリカナールカプセル250(セフェム系抗生物質)1日6カプセル×5日分、ビオフェルミンR(整腸剤)1日3錠×5日分。外用薬はマスキン液(5w/v%)、微温湯に溶かして希釈し、ガーゼに吸わせて消毒に使う。

手術前にあった痛みはほぼ完全に解消したのであるが、留置されたドレーンがかなり痛い。鏡を見て知ったが、ちょうどシッポが生えているかのように、ストロー様の出口が下向きに出ていた。座るとこれが邪魔になって痛いのである。だんだんと麻酔が切れてくると痛みが増してきた。歩けるけれども、ドレーンがこすれるためか、痛くてゆっくりとお散歩程度の速度でしか歩けないのだった。

あまりにも痛いので、後で電話して、鎮痛剤のボルタレンを5錠追加してもらった。飲み薬である。20円だった。ボルタレンはよく効いた。こういうとき、座薬のボルタレンはありなのだろうかと変なことを考えた。

無理すれば、仕事ができないでもないが、こんな痛みがあると集中力を欠くので、こういうときくらい休むことにした。横になっていると楽であった。

■ 切開翌日

朝一で行くとすぐに見てもらえた。先生「どうですか?」、私「痔の痛みはもうないんですが、ドレーンが痛くて痛くて。今日、抜いてもらえるんでしょうか?」

前日と同じように寝てみてもらうと、「膿たくさん出てるね」と言われ、膿はたくさん出た方がよいことに改めて気付く。ガーゼを見た限りでは、ニキビをつぶしたときのような膿がたくさん付着していた。薄まった血と思われるピンク色の血液もところどころ付着していた。

糸を切る音が聞こえて、ドレーンを抜かれた。ドレーンを抜く時がまた痛い。

「ツッペル」、「ツッペルないです」というやり取りが聞こえる。ツッペルは特殊な形のガーゼのことらしい。ドレーンがあった場所に、小さいガーゼを詰められ(詰めるとき、また痛い)、さらにガーゼを当てて終了となった。10分もかからなかった。「翌日から入浴していいですが、今日はシャワーで」と言われた。まだ、お酒はダメなようである。24日にもう一度来てくださいと言われた。

ドレーンを抜いてもらった後は、もうほとんど痛みはなくなった。手術前の痔の痛みもなくなり、今のところ、快調である。

■ このあとどうなるのか?

いまは切開してから二日後なのであるが、手術前の症状に関しては治った感じがしている。ネットで調べると、肛門周囲膿瘍は後で痔ろうになるとしているものやら、直接の関係はないとしているものやら、いろいろなのだが、次のような論文があった。

低位筋間型肛門周囲膿瘍に対する切開排膿に関して(日本大腸肛門学会誌63: 415-418, 2010)によると、経過観察1~66ヶ月(中央値20ヶ月)で、6割強が治癒(膿瘍の再発あるいは痔ろうの形成なし)という統計データになっている。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2010年12月14日 (火)

ヒ素を含む合金をハトが避ける理由

■ 鳥が避けるヒ素含有合金

ヒ素を15%程含む銅の合金を、ハトやカラスは嫌がり寄り付かないという。これをうまく使えば、カラスよけ、ハトの糞害防止も可能だ。

このことを発見したのが金沢大学名誉教授の広瀬幸雄博士で、この業績でイグノーベル賞を受賞されている。発見のヒントになったのは、兼六園にある日本武尊像である。他の銅像がハトの糞で汚れているのにもかかわらず、日本武尊像だけ汚れていないことを不思議に思い、改修工事の際に含有元素を分析したのだった。その結果、ハトの寄りつかない日本武尊像だけ、ヒ素の含有量が異常に高いことが分かり、ヒ素を同じように含む合金を作って、ハトのそばに置いたところ、予想通りハトは寄りつかなかったのである。

ちなみにヒ素を含む合金になぜハトが寄りつかないのか?ヒ素は猛毒であるが、ヒ素が合金から溶け出て、鳥に影響を与えているわけではない。今のところ下記のような説が出されているが、メカニズムはわかっていないといってよいのではないかと思う。

結局、最終結論として導き出されたのは、銅とヒ素の2つの金属が接触した場合に生じる電位差(電気の強さの差で、これを利用したのがヴォルタの電池)により電流が流れて電磁誘導現象が発生する。それによってもたらされる微量の電磁波を、人間の 50万~100万倍の感知能力を持つ鳥たちが嫌って銅像に近づかない、ということだった。
工業調査会のメールマガジンより引用)

私見だが、ボルタの電池と同じ原理で生じる電位差(標準電極電位の差)は、いわゆる直流電位なので、仮に生じたとしても静電気であり、それが電磁誘導現象、さらに微量の電磁波をもたらすのは無理があるように思う。

■ 鉄棒や十円玉(銅製)がにおう理由

公園の鉄棒や古い十円玉には独特の臭いがある。これはよく考えると妙なことである。鉄も、鉄のさびも、銅も、銅のさびも無機物である。このような無機物が常温常圧で揮発することはないから、本来、臭いはしないはずである。少なくとも、人間の鼻で感知できるほどの濃度の無機物の原子が飛散していることはあり得ないことだ。

この臭いの原因は、特定の金属やさび上に好んで繁殖するバクテリアによるものだというのが定説になっている。鉄棒の場合には鉄や鉄のさびに繁殖するバクテリア、十円玉の場合は、銅や銅のさびに繁殖するバクテリアによる。鉄棒と十円玉で微妙に臭いが違うのはバクテリアの種類が異なるためであろう。これら各金属に固有のバクテリアが臭気を伴う化学物質を放出しているのである。

■ ヒ素を含む合金を鳥が嫌う理由の仮説

ここまで書けば勘の鋭い人は、私の言いたいことを悟ったかもしれない。

ヒ素を多く含む合金に鳥がよりつかないのは、ヒ素を好むバクテリアがいて、そのバクテリアが独特の臭気(人間には感じないレベル)を出しているからではないか。

もしそうならその臭気を化学的に抽出、精製すれば鳥よけになるはずだ。ただし、臭気というのは極めて低い濃度レベルになることが多く、世界最先端の分析機器をもってしても、動物の嗅覚にはかなわないのが現状である。世界最高レベルの高価な分析装置でも警察犬の嗅覚にはかなわないのである(警察犬は分析機器より数ケタ低い濃度レベルの臭いをかぎわけるという)。

こんなことを考えていたら、先日(2010年12月3日)、NASAからもったいぶった記者発表があった。「ヒ素を摂取し生命維持できるバクテリア発見」である。この記者会見については、「地球外生命(ET)の兆候探索に影響を及ぼす宇宙生物学的発見」について発表すると事前に予告があったので、宇宙人発見かなどと憶測が飛んでいたのであった。

ヒ素を摂取し生命維持できるバクテリアと、ヒ素を好んでヒ素が多いところで繁殖するバクテリアとは意味が異なる。前者が存在するのなら、後者はあちこちに存在しても不思議はないのではないかなと思う。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2010年12月12日 (日)

書店で『漢文法基礎』(二畳庵主人 著)を見つける

よく書店をぶらぶらして、面白い本がないか探している。

先日、平台にうず高く積まれた新刊に『漢文法基礎 本当にわかる漢文入門』(二畳庵主人、加地伸行著、講談社学術文庫)Amazonへのリンク を見つけた。著者の「二畳庵主人」という名前にどことなく見覚えがある。何だったかなと手に取ると記憶がよみがえった。

私が高校生のころ、Z会(増進会出版社)から出版されていた漢文の参考書の復刻である。大学受験用の参考書なのだが、高校の漢文にここまで高度な内容は必要ないだろうと思われるほど、深い内容まで掘り下げて書かれているのであった。私が高校生だった1980年代半ばは、普通の書店では売っておらず、Z会の会員になるか、Z会の特約書店で注文するかでないと手に入らない本であった。漢文の参考書としては最高レベルのもので、ほとんど趣味、道楽の範囲の漢文の教養書ともいえた。B6の小さいサイズに似合わぬ分厚い本だったと記憶している。

色々な事情(漢文を受験科目に含める大学が減った、受験には学問的素養でなくテクニックを求める受験生が増えたなど)で、この『漢文法基礎』は絶版となっていたのだが、復刊を求める声が高く、古本にはプレミアがついて高価な価格で古書店市場で取引される状況にあった。事実、AmazonのマーケットプレイスではZ会から出ていたものが12,000円で取引されている。伝説の参考書との誉れが高かったわけである。

高校生が購入できる価格でないというのが、著者にとって不本意なこともあり、講談社学術文庫からの復刊となった。古書のプレミア価格12,000円に比べると、講談社学術文庫版の1,733円はだいぶ安くなったものである。ただ、高校時代から感じているが、講談社学術文庫は文庫本にしては、だいぶ価格帯が上で、単行本並みだ。ちくま学芸文庫も同じようにだいぶ高い価格帯であるが、これは部数が出ないからであろうか・・・。

「二畳庵主人」はペンネームである。高校生には意味が取りにくいペンネームであるが、二畳の部屋を書斎として使っていたことに由来するそうだ。講談社版の著者には「加地伸行」が併記されていて、こちらが本名である。Z会版には本名の記載はなかった。ここら辺の事情も面白い。

Z会版の前書きに、「(二畳庵主人は)さる大学の先生である。色々とうるさい事情があるので、覆面しているわけだ」とある。講談社版では、大阪大学名誉教授、立命館大学教授とあるので、Z会に書いていた頃は、大阪大学教授だったのであろう。ペンネームを使ったのはこういうことだったのかと腑に落ちた。国立大学の教官が、受験産業で副業するのが批判された時期があった。もう過去のことだから、覆面を脱いで構わないということだろう。

復刊はZ会からではなく、講談社からであった。復刊にあたって、Z会関係者は快諾したとあとがきにあった。Z会に書いたものの著作権は、Z会でなく執筆者にあると考えてよいということか。これは参考になる。

最近の大学受験の参考書が、学問的素養を主眼にせず、チープな受験テクニックに走ってしまっているからなのか、昔の参考書の復刊が少なくない。ちくま学芸文庫から復刊された『新釈 現代文』 (高田瑞穂 著)、『古文の読解』 (小西甚一 著)、研究社から復刊された『新々英文解釈研究』 (山崎貞、佐山栄太郎著)などである。

他にもぜひ復刊してほしい本がある。以下に記す。出版社の方が見ていたら、ぜひ検討して欲しいと思う。

『現代文の科学的研究』(松本成二著、あずみの書房)・・・これはタイトル通り、現代文を科学的に研究する本で、言語学などの知見が駆使されていて、非常に面白い本だった。現代文は、どう勉強してよいかわからない人が多いが、この本は勉強の指針を与えるものである。この本はもっと受験生に読まれていいと思うし、この本が絶版状態にあるのは教育的、文化的に大きな損失である。Ⅰ評論編とⅡ文芸編があった。メジャーな出版社からぜひ復刊しほしい。古書市場では、1冊2万円以上で取引されているのが現状である。著者は両国予備校で教鞭をとられていた方。

『必修 物理 (上・下)』(坂間勇、谷藤佑、山本義孝著、駿台文庫)・・・駿台文庫と称するが、文庫サイズではない。A5版である。高校範囲は逸脱しているが、大学の物理と高校の物理を接続するのに、ちょうどよい参考書といえる。高校物理と大学物理は、生物や化学に比べると、接続が悪い状況にあると思うが、この本はクッション役になる。昔、大学1年生のときの力学(物理)の試験で、この本を使って勉強してる学生が何名もいた。ちくま学芸文庫あたりから復刊すれば、よいのにと思う。
 ちなみに、同じ山本義孝著の『熱学思想の史的展開』は現代数学社版は絶版だが、ちくま学芸文庫から復刊された。これも面白い本である。嗜好にもよるが、巻が後の方になるほど面白かった。

『難問解法のテクニック 数学Ⅰ・ⅡB』(矢野健太郎著、科学振興社)・・・高名な数学者、矢野健太郎の手による「解法のテクニック」は有名だったが、そのシリーズの一つに超難問を集めた『難問解法のテクニック』という参考書があった。これも古書市場で1万5千円前後で取引されている。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年12月 7日 (火)

簡単なパーコレーションのシミュレーションプログラム Excel VBA

拙著 『よみがえれ!科学者魂』(丸善 2,310円)amazonへのリンクにExcel VBAを使った簡単なパーコレーションのシミュレーションプログラムを掲載したのであるが、今の時代、本に書いてあるプログラムを一文字一文字入力して試す人もいないと思われるので、ここに再録しておきたい。

10×10の二次元正方格子を指定した確率でランダムに塗りつぶして、上下がつながったかどうかを判断するプログラムである。

VBAプログラムは下記の通りで、このプログラムを含むExcelのファイルはこちら"SimplePercolation.xls"をダウンロード   。

Public Sub SimplePercolation()
Dim st(11, 11) As Integer
Dim bango(121) As Integer
prb = 0.5 'ここに占有率を入力(0から1の値)
num = 1
'○と●の配置
For j = 1 To 11: st(1, j) = 0: Next j
For i = 2 To 11: st(i, 1) = 0: Next i
For i = 2 To 11
For j = 2 To 11
z = Rnd()
If z < prb Then
st(i, j) = 1: Cells(i, j) = "●"
Else
st(i, j) = 0: Cells(i, j) = "○"
End If
Next j
Next i
'クラスターごとに番号付け
For i = 1 To 121: bango(i) = i: Next i
For i = 2 To 11
For j = 2 To 11
If st(i, j) = 0 Then GoTo skip
If st(i, j - 1) = 0 And st(i - 1, j) = 0 Then
st(i, j) = num: num = num + 1
End If
If st(i, j - 1) > 0 And st(i - 1, j) = 0 Then
st(i, j) = st(i, j - 1)
End If
If st(i, j - 1) = 0 And st(i - 1, j) > 0 Then
st(i, j) = st(i - 1, j)
End If
If st(i, j - 1) > 0 And st(i - 1, j) > 0 Then
GoSub TheRenumber
End If
skip:
Next j
Next i
'上端と下端がつながったか判断
For i = 2 To 11
For j = 2 To 11
If bango(st(2, i)) = bango(st(11, j)) And st(2, i) <> 0 And st(11, j) <> 0 Then
Cells(1, 1) = "つながった": GoTo TheExit
End If
Next j
Next i
Cells(1, 1) = "つながらず"
TheExit:
Exit Sub
'番号の違うクラスターがつながったときの番号付け替え
TheRenumber:
If bango(st(i, j - 1)) > bango(st(i - 1, j)) Then
a = bango(st(i, j - 1)): b = bango(st(i - 1, j))
Else
a = bango(st(i - 1, j)): b = bango(st(i, j - 1))
End If
st(i, j) = b
For k = 1 To num - 1
If bango(k) = a Then bango(k) = b
Next k
Return
End Sub

Perco1

上記のような10×10の方眼にプログラム内で指示した確率(4行目のprbの値)で、黒丸●を配置する。残りは白丸○とする。上の辺と下の辺が黒丸でつながれば「つながった」、つながらなければ「つながらず」と表示する。つながりは縦と横だけを考え、斜めは考えない。縦横でつながっていれば遠回りしていてもよい。

プログラムを実行するたびに、●と○を再配置して、つながりの有無を判断する。

プログラムの仕組みは以下のとおりである。

1. 乱数を使って、指定された確率prbで、10×10の正方格子にランダムに●と○を配置する。ここは易しい。

2. ●でつながった塊を一つのクラスターと考え、左上から順にクラスターに番号を付ける(同じクラスターに所属する●には同じ番号が付くようにする)。左上の方眼から右へ進み、右端に来たら、改行という順で、次の条件分岐で行う。
① 自分が○なら何もせずに、次のマス目に進む。
② 自分が●で、上と左が○なら、自分に新しいクラスター番号を付ける。
③ 自分が●で、上が●、左が○なら、上の●と同じクラスター番号を自分に付ける。
④ 自分が●で、上が○、左が●なら、左の●と同じクラスター番号を自分に付ける。
⑤ 自分が●で、上が●、左も●で、上と左のクラスター番号が同じなら③④と同様。
⑥ 自分が●で、上が●、左も●で、上と左のクラスター番号が異なる場合(この場合が一番困る)、小さい方のクラスター番号を自分につける。さらにその上で、大きい方のクラスター番号が付いてしまっている●を全て、小さい番号に付け替える。この付け替えをTheRenumberのサブルーチンで行う。

3. 上の辺に存在するクラスター番号と下の辺に存在するクラスター番号で同じ数字があるかどうかを調べる。同じ数字があれば「つながった」となる。

※ プログラム上のテクニックで、11×11の正方格子を作って、上の1行と左の1列には白丸○を配置してある。こうしておくことで、2の①~⑥で、端の場合は、これこれという面倒な別の条件分岐がいらなくなる。

プログラムを書き換えれば、10×10の正方格子で、●の割合(占有率)とつながる確率の関係を出すこともできる。格子のサイズを増やすことも可能である。

本プログラムでは10×10と格子のサイズが小さいので、上の2.の⑥のところでクラスター番号の異なるクラスターがつながったときに、若い方の番号にクラスター内の●を全部付け替えるということを行ったが、大きなサイズになるとこれをやると時間がかかり過ぎるので、もっと洗練されたやり方をするようである。クラスター番号の何番と何番がつながったかというような情報を記録して、最後に整理するやり方である。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2010年7月 | トップページ | 2011年1月 »