« 『ノルウェイの森』再訪 | トップページ | 母親の知りたい放射線の影響 »

2011年2月13日 (日)

「最先端・次世代研究開発支援プログラム」に応募して玉砕

参考 内閣府のWebへのリンク「最先端・次世代研究開発支援プログラムの研究者・研究課題の決定について」

「最先端・次世代研究開発支援プログラム」という若手(45歳以下)、女性研究者(年齢不問)を対象にした大型予算の公募が昨年にあった。4年で2億円が上限という、科研費の特別推進研究並みの潤沢な予算である。前年度にあった別の研究関係大型予算をイレギュラーな形でバッサリ切って、この予算に充てたという。すべての都道府県から採択者が出るようにするという点が、石川県の研究者には魅力的であった。

応募締め切りは昨年5月、書類選考をもとに8月にヒアリング(プレゼン・質疑応答による審査)を実施すると書いてあったので、そのヒアリングに呼ばれなければ採択される見込みはないのである。ヒアリングに呼ばれなかった時点で、私の応募した課題は不採択を意味していた。そのときに、「不採択」の通知をもらっても良さそうなものだが、2月10日まで何も通知は来ていなかった。採択者が正式決定するまで、不採択者の方にも正式通知しないということだったのだろう。

2月10日に不採択の正式通知をもらった。もともとあてにしていなかったので、落胆してはいない。3年で2億1800万円の特別推進研究を経験した身としては、むしろ靄が晴れたような複雑な心境である。大型予算が当たれば、ほぼ100%近いエフォートでそれにかかりきりになるのは良いとしても、プロポーズした成果を出さないといけないので、挑戦的なリスキーな研究はできなくなる。大型予算、当たらなければ当たらないで、挑戦的な別の研究に時間を使うことができる。負け惜しみではなく、ここは実に複雑な心境である。

【採択者数】
○グリーン・イノベーション:141件(応募件数 2,398件)
○ライフ・イノベーション:188件(応募件数 3,220件)
※採択数合計:329件(応募総数 5,618件) 採択率5.86%

採択率はかなり低い。

採択された最先端・次世代研究開発支援プログラムの研究者・研究課題リスト(五十音順)ダウンロードを見てみると、 やっぱり旧帝大系、特に東大、京大が強いと思った。

(以下は、私がざっと数えたので間違えている可能性もある)

東京大学43件、東京工業大学15件、京都大学36件、北海道大学7件、東北大学31件、名古屋大学11件、大阪大学25件、九州大学13件・・・

旧帝大で166件、東工大を足すと181件。旧帝大だけで半分を超えている。

大学以外では理化学研究所10件、産業技術総合研究所7件が目立っている。民間ではNTT2件、東芝1件。NTTは設立経緯からわからなくもないが、東芝・・・。

筑波大学3件、神戸大学1件。東工大以外の「工業大学」では、名古屋工業大学2件。

石川県からは金沢大学6件、北陸先端大1件。あえて書くことはないかも知れないが金沢工業大学は0件。

近隣県では福井県立大1件、富山大1件。

私立大学では、慶應義塾大学4件、早稲田大学3件、日本大学2件、東京理科大1件、東京都市大学(旧武蔵工大MIT)1件、東海大学2件、同志社大学2件、学習院1件など(医科大は略)。

私立大学は弱い。

|

« 『ノルウェイの森』再訪 | トップページ | 母親の知りたい放射線の影響 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/187788/50857631

この記事へのトラックバック一覧です: 「最先端・次世代研究開発支援プログラム」に応募して玉砕:

« 『ノルウェイの森』再訪 | トップページ | 母親の知りたい放射線の影響 »